Blog&column
ブログ・コラム

ボロボロの車ってどんな状態のこと?

query_builder 2022/07/15
コラム
27
鉄でできている車は本来は頑丈なはずですが、「ボロボロ」と表現されることがよくあります。
そこで今回は、ボロボロの車とはどんな状態なのか、見ていきましょう。

▼ボロボロの車に見られる状態
■車体やフレームのゆがみ
車にとって、車体やフレームのゆがみはあってはならないことです。
いわば骨格部分に相当するところであり、車の安全性に大きくかかわってくることが理由に挙げられます。
その車体やフレームにゆがみがあるのは、たいていは事故に遭った車です。
大きな事故であればあるほど、車体とフレームのゆがみも大きいでしょう。

■走行距離
車の寿命を走行距離で言い表すことが多く、一般的に10万キロメートルをこえるとボロボロと言われます。
とはいうものの、整備の状態が良いと15万キロメートルをこえて走れる場合もあり、一概には言えません。
ただ、走行距離が10万キロメートルをこえる車に乗り続けると、あちこちに不具合が出てくる可能性が大です。
しょっちゅう修理が必要になれば、「ボロボロの車」に近づいていると感じるのではないでしょうか。

■13年をこえている
車はモデルチェンジを繰り返し、同じ車種でも見た目が変わります。
そのため、13年をこえた車は新しく登場した車と比べて、見た目のデザイン性に劣るのは確かです。
見た目の古さから、「ボロボロの車」と言われることもあるでしょう。
13年にわたって乗ってくれば、愛着がわくのは当然ですが、ボロボロと言われるのが嫌なら乗り換えのタイミングですね。

▼まとめ
「ボロボロの車」を表す状態として、3つの要素を見てきました。
いずれかに当てはまる場合は、周囲からボロボロの車だと思われているかもしれません。
安全な走行を保つためにも、乗り換えの検討材料にしてみてはいかがでしょうか。
弊社では、ボロボロの車の引き取りも行っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

NEW

  • 事故車の買取なら株式会社チャーヂにお任せを!!!

    query_builder 2022/03/23
  • 車買取の流れについて

    query_builder 2022/10/01
  • 車の買取相場はどのくらい?

    query_builder 2022/09/15
  • 車の登録変更が必要な時とは?

    query_builder 2022/08/22

CATEGORY

ARCHIVE