Blog&column
ブログ・コラム

車を売却するときに「自動車保管場所証明書」は必要?

query_builder 2022/10/15
コラム
36
車を売却する際には、さまざまな書類が必要です。
車を購入するときに自動車保管場所証明書の手続きをしたので、売却する際にも必要なのではないかと思う方もいるでしょう。
そこで今回は、車を売却するときに自動車保管場所証明書は必要なのか解説していきます。

▼車を売却するときに自動車保管場所証明書は必要?
車を売却するときは、自動車保管場所証明書は必要ありません。
では、後日自分で手続きをする必要があるのかというと、それも必要ありません。
車を売却すると、その車の自動車保管場所証明書は自動的に消去される仕組みになっています。

自動車保管場所証明書の手続きが必要なケース
車を売却する際は自動車保管場所証明書が必要ありませんが、次のケースでは手続きが必要になります。

■車を購入する場合
車を購入するときは、中古車・新車を問わず自動車保管場所証明書の手続きが必要です。
手続きは管轄の警察署で行うことができますが、車を購入したお店が代わりに手続きを行ってくれることが多いので自分で手続きをすることは少ないです。

■車を廃車にする場合
車を廃車にするということは、新しくその車を所有する人もいません。
そのため、自分で自動車保管場所証明書の抹消手続きをする必要があります。

▼まとめ
車を売却するときは、自動的に自動車保管場所証明書が消去される仕組みになっているので手続きは必要ありません。
車を購入するときと廃車にするときには手続きが必要なので、覚えておきましょう。
当店は車の処分に関するさまざまなご要望にスピーディーに対応いたしますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • 事故車の買取なら株式会社チャーヂにお任せを!!!

    query_builder 2022/03/23
  • 電気自動車の使用済みバッテリーの処分方法

    query_builder 2023/02/01
  • 中古車を高価買取してもらうためのポイント

    query_builder 2023/01/15
  • 車の中古パーツは売却できる?

    query_builder 2023/01/01
  • 車を売却する際に純正パーツは外すべき?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE